株式会社アクトパス|温浴施設・温泉・サウナ事業の専門コンサルティング・プロデュース

温浴施設・温泉・サウナビジネスをトータルサポートするコンサルティング会社。アクトパスは温浴の普及と発展が社会の幸福につながると信じて、これからも温浴ビジネスの発展に尽くしてまいります。

「メルマガ」の記事一覧

カクテルで使うお酒

ノンアルコール・ビアカクテル実験

サウナの後の飲み物としてアリでは?と考え、それならばと、他のビアカクテルもノンアルコールで試してみることにしました。 施設のメニュー開発にご興味のある方は以下をぜひ参考にしてください。 お試しには一応ルールを設けました。 ・ビールを飲みたい人向け ・ノンアルコールビールと混ぜるだけで、複雑な配合は無し。手間はオロポレベル。 ・ゴクゴク飲めること。 ・混ぜるものはどこでも手に入りやすいもの。
person putting coin in a piggy bank

原価意識

金銭感覚自体は誰もが自然に身につけている事で、難しいものではありません。小学校の算数の世界です。 なぜか会社のコストだとそれが麻痺してしまいがちです。そうならないようにするためには、「自分の家庭ならどうするのか?」「自分のお金でも同じことをするのか?」と言い続けていく必要がありそうです。
ラッキーピエロ

何で勝負するのか

ラッキーピエロの場合は、とことんお客様に喜んでもらおう、楽しんでもらおう、ここでしか食べられないものを提供しよう、地元や環境にも貢献しよう、という尋常でない熱い想い、言ってみれば「愛」が溢れていて、その愛が振り切った魅力、個性、勇気を底支えしていることを強く感じます。 業種業界問わず、中小企業はスペックでは大企業に勝てません。 勝負すべきは「愛」。愛のチカラは大企業も中小企業も関係ありません。ラッキーピエロで、そのことをあらためて感じた次第です。
水風呂

夏の不感温度浴と水風呂化

夏だけでも露天に冷鉱泉水風呂があれば、水風呂渋滞の解消に一役買ってくれることになるでしょう。 しかもその浴槽に関して燃料消費はゼロになります。不感温度でぬる湯にするのも省エネになりますが、水風呂化すればゼロですから効果絶大です。 猛暑が続く時などは、通常お湯にしている浴槽の水風呂化はサウナファン注目のイベントにもなるでしょう。
椅子流し用の水と手桶

自店入浴

お客さまにどういう状態の商品やサービスを提供しているのか知らずして、それを売ることができるはずはありません。温浴施設運営に携わる以上、自店入浴は基本中の基本なのだということを、今朝はあらためて噛み締めたのでした。
薪ボイラーの薪

値上げ不可避

企業体力が残っているうちに取り組まないと、ストレスを乗り越えることができず、手も足も出なくなってしまうのです。 もし「いずれは値上げするかも知れないけどギリギリまで我慢しよう」と考えているとしたら、それは危険な判断かも知れません。
世代論 表

ゆとり世代と温浴文化

・大きな目標へ時間をかけて挑むことに慣れているバブル世代は、温浴施設に「リラックスしたい」という抽象的で大きな目的を持つため、施設のあらゆるサービスを時間をかけて楽しむ ・時間をかけずに安定した道を選ぶことに慣れているゆとり世代は、温浴施設に「確実に効果を得たい」という具体的で小さな目的を持つため、特定のサービスを手早く楽しむ
ハイブリット彩木

進化し続けるサウナ

サウナ室内を見渡してみると、今回新しくなったベンチや背もたれ以外にも、オートロウリュ時の水が飛び散らないようガード、照明の演出、吊り下げられたビフィタ、テレビ番組を映していたモニターは自作動画を放映、サウナマットの敷き方、前室の追加など、満天の湯のサウナはこの数年間の間に劇的な進化があったことが確認できます。
ケロリン

近者説 遠者來(3)

商売の基本は、「近き者をよろこばせることで、遠き者もやってくる」。地元の住民から支持されている施設やサービスだからこそ、遠くからやってきた観光客もその地域ならではの温泉や温浴文化を体験してみたい、と思うのです。
函館 温泉 源泉

道南の温浴事情

結果的に、全国の最先端温浴施設のようなあの手この手の差別化手法はほとんど見られず、どの施設も王道を行く素朴な温泉銭湯スタイルです。 恵まれた源泉と、公衆浴場法、入湯税という包囲網から抜け出して、独自の道を行くのは容易なことではないのでしょう。 今後大きく飛躍する可能性があるとしたら、観光入浴マーケットだと思われます。