ご相談無料 コロナ後求められる公共温浴施設のあり方とは?

インフラとしての存在と採算性の両立を図り健全な経営の継続を目指しましょう

新型コロナウイルスの影響は、公共施設のみならず、民間の温浴施設にも大きなダメージを与えています。生き残りをかけて必死の努力を図りつつも、閉館・廃業を余儀なくされた施設も増えています。
高齢化が進む中、温浴施設は、浴室の清掃や支度が大変な方、一人での入浴に不安がある方などの生活インフラとしての役割も大きくなってきています。

こと公共の温浴施設においては、地域住民の皆様のこうしたニーズに応えることが、大きな存在意義のひとつとなるものと考えます。採算性を高め、施設経営を続けることが地域への最大の貢献となるのではないでしょうか。

私共は、25年にわたり、温浴業界専門のコンサルティングを行ってまいりました。過去を振り返っても、今はとりわけ厳しい経済状況の中にあります。

そんな中で、ひとつでも多くの公共温浴施設が健全な形で営業を続けられるよう、無料の経営相談を承ることといたしました。

新型コロナウイルス対策を鑑み、オンラインにて実施いたします。どうぞお気軽にご活用下さいませ。

株式会社アクトパス 代表取締役社長
望月義尚

 

-関連コラム(日刊アクトパスNEWS記事より)-


 ご相談の流れ
経営改善を主なテーマとして、アドバイスをいたします。
ご希望の方には、うかがった内容を元にコンサルティングのご提案をさせていただきます。
ご提案例)損益改善診断/リニューアル診断/リニューアル基礎計画/デューデリジェンス

 


株式会社アクトパスとは
1996年より温浴事業のコンサルタント活動を行っていた代表望月義尚が2006年に独立・創業。
温浴施設コンサルティングのパイオニアとして数多くの施設の支援を行う。
特に、商圏分析を活かした売上予測と経営計画の精度の高さに定評がある。
望月の共著に「温浴施設の再生計画実務資料集(綜合ユニコム)」、「温泉百科事典(丸善出版)」がある。
現在の日本のサウナブームの先駆けとなるロウリュブームの火付け役でもある。
温浴施設コンサルティング25年の実績
公共・民間含め国内外に多数のコンサルティング実績がございます。実際に施設運営にも携わっており、現場の業務内容も熟知した上での生きたコンサルティングが可能です。アクトパスのコンサルティング・プロデュースの実績についてはこちらをご覧ください。
パートナー企業との連携
日本一の温浴施設設計実績を持つ設計会社、省エネルギー・省コストの専門コンサルティング会社等、専門性が高く実績豊富なパートナー企業と連携し、より効率的なご支援をすることが可能です。
温浴施設経営の情報を日々発信
週6回(月~土)温浴施設経営をテーマにした有料メールマガジン「日刊アクトパスNEWS」を発行。
集客・売上アップ・コストダウン・人材マネジメントに至るまで、様々なテーマの最先端事例を発信し続けています。
QRmailmagazine


◆経営再建診断に関するお問合せフォーム

    このフォームで頂戴する個人情報の取り扱いについて
    ※ページ下部リンクよりご確認ください
    アクトパスのプライバシーポリシーに同意

     

    ※アクトパスのプライバシーポリシー