温泉vsサウナ Googleトレンド比較

「アクトパスクラブ」会員の皆様、

今日は 2023年12月21日です。

 さて、このところ連続して書いている「温泉vsサウナ」シリーズですが、vsと言っても両者の対立を煽ろうとか、どちらに勝って欲しいといった意図ではありません。

温泉とサウナ、どちらも「温浴の喜びをすべての人に」知ってもらうためには大切な要素ですし、きっかけがどちらであっても良いのです。

かつては、圧倒的に「温泉」が強く、天然温泉さえあれば温浴施設の集客は安泰、と思われていた時代がありました。コンサルタントは基本的に苦戦している企業の味方ですから、天然温泉がない施設でも温浴の喜びは提供できるんですよ、ということを伝えたくて、サウナを応援してきました。

ようやくサウナが市民権を得て、多くの人がサウナの良さを理解するようになった一方で、こんどは温泉の方が元気がなくなってきました。

現在活況を呈している温浴施設のほとんどは、サウナの魅力を強化して集客に成功した施設です。それはそれで良いことなのですが、本来は温泉の方がマーケットの裾野は広いので、温泉ファンの動きに元気がないと、温浴マーケット全体も活気が出てこないのです。

どうした温泉、頑張れ温泉!ということで、温泉とサウナの比較をしてみたりしながら、温浴マーケット全体がもっと元気になる方法を探っています。

シリーズ(1)では、コスト面でのサウナの優位性を指摘しました。設備投資、スペース効率、ランニングコストといった面では湯よりもサウナの方が圧倒的に有利であり、だからこそサウナに投資すべし、サウナを強化すべし、ということを言い続けてきたのです。

一方で集客面ではどうなのかというと、以前は温浴ファンのうちサウナファンの割合は多くなかったので、いくら素晴らしいサウナ環境を提供しても、それを支持していくれるユーザーが少ないというのが現実でした。

国内最高峰のサウナ環境を提供していたニュージャパンサウナなんば店が2019年に閉店してしまったのは象徴的な出来事でした。

「温泉」と「サウナ」というキーワードのパワーを比較すれば、20年前は「温泉」の方が30倍も強く、「サウナ」というワードはほとんど見向きもされなかったのです。

しかし、21世紀に入って…

---------
この記事は会員限定公開となっており、全文は表示されておりません。

メールマガジン「日刊アクトパスNEWS」をご購読いただくと、毎日全文がメールで届きます。

メールマガジンご購読のご案内はコチラです。

注目の業界ニュース

【大人のサウナ&銭湯愛】個性派銭湯の店主3人に聞く「フロのプロが好きな風呂」
https://www.webuomo.jp/life/357109/
耳にすることは少ないのではないでしょうか。風呂のプロはどんな風呂が好きなのか?どんな思いを抱いて入湯しているのか?
個性派銭湯の店主3人に聞いた好きな風呂。リスペクトしているお風呂やベストワン施設。読者の皆さまにも聞いてみたい。ぜひ、ご意見お寄せください。

★「温浴百科2020」販売開始!

本メールマガジン「日刊アクトパスNEWS」の2019年1月から2019年12月末までに配信された記事を抜粋し、加筆修正した上でテーマごとに読みやすく再編集!

https://t-mp.net/aqutpas/subscribe/onyoku-hyakka2020

★「温浴施設データファイル2024」販売開始!

アクトパス代表・望月が第1章を執筆。全国の温浴施設を対象に行った独自調査を基に、124施設の経営実態を一挙掲載し、Excelデータを収録。最新の定量指標と定性情報を網羅!
https://aqutpas.co.jp/datafile2024/

★「温浴施設のための成功モデル100事例セミナー 2023」配信開始!

1999年からアクトパス代表の望月が企画し、延べ1,200人以上の方々に受講されてきた人気セミナーの動画(2023年9月収録)を配信開始。
温浴施設が低予算で実行可能な成功ノウハウを厳選して全国から「100事例」紹介。その情報量と鮮度は圧倒的!
https://aqutpas.co.jp/100jirei2023/

温浴業界の最新情報が読めるメールマガジン | 株式会社アクトパス

温浴・サウナ施設の新規事業についてのご相談 | 株式会社アクトパス