【温浴ビジネスのベストソリューションパートナー】株式会社アクトパスは、温浴ビジネス(温泉、サウナ、スーパー銭湯、健康ランド、岩盤浴、スパその他あらゆる公衆浴場と大浴場を有するビジネス)のコンサルタント、運営サポート、物販事業を通じてトータルサポートいたします。

日刊アクトパスNEWS

  • HOME »
  • 日刊アクトパスNEWS

日刊アクトパスNEWSのご案内

2016年1月26日創刊。

著者:株式会社アクトパス 代表取締役 望月 義尚

価格:1,080円/月(税込) 年間一括購読10,800円/年(税込)

発行:日刊(日曜祝祭日休刊)

温浴ビジネスコンサルタントの第一人者、望月義尚が発行する会員制有料メールマガジンです。

いま望月が気になっていること、出会った人や企業、商品、技術など、日々の活動の中からズバリ踏み込んだ情報をお届けします。最先端の温浴ビジネスのヒントが満載です!

ブログやFacebookには書かない非公開の最新情報が読めるのはこのメールマガジンだけ!

期間は1ヶ月からご購読できます。お申込みから1週間は無料お試し期間となります。

過去のバックナンバーは1年分の記事を再編集し、電子書籍「おふろやさんビジネスの今と未来2017 ~温浴施設経営の課題と向き合うコンサルタントのレポート~(税込2,700円)」として販売しています(販売ページ内に無料立ち読み版もあります)。

著者プロフィール

望月義尚(もちづき よしひさ) 大手コンサルティング会社にて温浴事業の専門コンサルティングチームを創設。2006年に、より総合的な温浴事業プロデュースを目指して独立、株式会社アクトパス代表取締役に就任。これまで多くの温浴施設の開業やリニューアル、事業再生のプロデュースで実績をあげている。

ご購読にあたっての注意事項

  • メルマガ購読料のお支払いにはクレジットカードが必要となります。
  • 「購読申込」から配信までに数日のお時間がかかる場合もありますので、「購読申込」から1週間は課金致しません。その間は無料お試し購読期間とさせて頂き、無料購読期間後に課金開始となります。(お試しの結果購読を希望されない場合は弊社までご連絡ください。)
  • 本メルマガは非公開を前提に執筆しております。ネット上や印刷物等への内容の引用や転載を行う場合は事前に弊社の承諾を得ていただきますようお願い申し上げます。
  • 一旦お申込みされますと、ご自分で購読をキャンセルされるまで料金の引落しが続きます。キャンセルの際には本画面内の「購読をキャンセル」ボタンからお進み下さい。
  • 購読期間中の途中キャンセルの場合、残り期間の返金精算はいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
  • 携帯メール、フリーメールをご利用の方は、「@aqutpas.com」からのメールが届くよう事前に設定をお願いします。
  • 受信文字数に制限があるメールアドレスでは全文が受信できない可能性があります。受信メールの設定をご確認ください。
  • 購読申込と購読キャンセルが繰り返し行われる場合には、ご購読をお断りする場合もございます。

────過去バックナンバー抜粋────

【日刊アクトパスNEWS】第519号「温浴マーケットと風評」

日┃刊┃ア┃ク┃ト┃パ┃ス┃NEWS┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━━┛
有料メルマガ「日刊アクトパスNEWS」会員の皆様

今日は 2017年10月28日です。

◆温浴マーケットと風評
先日、広島県で温浴施設を運営している経営者の方とお話ししていたのですが、2017年3月に広島県の三原市で発生したレジオネラ菌感染事故以来、広島県内の客足が冷え込んでしまっているとのことです。

そして先週は元大関若島津のニ所ノ関親方がサウナの帰り道に自転車で倒れ、そのまま緊急入院。報道は情報量が少なく、あたかもサウナ=危険という印象を与かねないような伝え方なのでハラハラしています。

食品や観光マーケットもそうですが、温浴マーケットも風評に対して極めて弱いという性質があると思います。

人類からアメーバまで生き物は皆そうなのですが、快楽やメリットよりも、危険なことに最も敏感に反応します。反射的に素早く危険を回避する本能が備わっているのです。

ですので、身の危険や命に関わるようなことには決して近づこうとしません。

浴場で裸になって無防備に湯やサウナに身を委ねる温浴は、安全安心という信頼がなければそもそも成り立たないのです。

もしマスコミや世論が「温浴施設はキケン」などと誤解してしまったら、それを一施設が覆すことなど到底かないません。

上に食品や観光マーケットと書きましたが、そういった業界ではひとたび風評被害が起きると、業界団体、マスコミ、行政まで一丸となってその解消のために動きます。そして総理大臣がカイワレを食べて見せたりするわけです。

もし温浴業界が風評にさらされたとしたら、おふろに行こうキャンペーンが起きるでしょうか?タレントや総理大臣がサウナに入って安全宣言してくれるでしょうか?

こういうことが起きる度に、「早く温浴業界がひとつにまとまってもっと団結力を持たなければ」と焦っています。

(望月)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【日刊アクトパスNEWS】第400号 2017年6月3日

日┃刊┃ア┃ク┃ト┃パ┃ス┃NEWS┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━━┛
有料メルマガ「日刊アクトパスNEWS」会員の皆様

今日は 2017年6月3日です。

◆セミナーご案内開始
かねてよりお知らせしておりましたアクトパス主催セミナーの詳細が決定しましたので、ご案内を開始しました。

スパネット倶楽部会員企業様は、ご参加1名様無料となっております。ご参加の場合はお席優先確保のため、すぐにネットからお申込みください。

セミナー開催日時は7月5日(水)13:00〜、会場は東京ビッグサイト会議棟です。5日(水)〜7 日(金)まで展示会場ではGIFTEX2017が開催されておりますので、あわせて視察されることをおススメいたします。

皆様とお会いできることを楽しみにしております。

◆強い商売とは
最近は断食明けの身体に良い回復食に何を食べるか考えるのが楽しみなのですが、先日は会社の近くのバナナジュース屋さんに行ってきました。

以前ご紹介した行列するバナナジュース屋さんです。

行ったのは14時くらいだったのですが、そんな時間でも十数人の長い行列ができています。相変わらずすごい店だな、と思いました。

狭い店内ではスタッフ2名が注文を受けながらテキパキと高速でバナナジュースを作って販売しているのですが、お客さんが途絶えないのでものすごい効率です。

世の中にはいろんな価値を持った繁盛店があります。立地やハードの良さ、独自性の高いコンセプト、良い商品、価格、スタッフの魅力…。このバナナジュース屋さんの場合は、バナナジュースだけの専門店というコンセプトと、その場でつくる美味しくて健康的な生ジュースという商品の良さがポイントで、店は目立たなくて狭いし、スタッフは黙々と作業しているだけです。

しかし、これこそが今の時代に最強の商売ではないか?という気がしています。人口減少で経済の先行きが見通せない中、大型先行投資はリスクが大きく、できるだけ避けたいところです。

人材確保難も続きますので、個人のマンパワーに依存しすぎた商売だと、その人に辞められたらそれまでになりかねません。

マーケティングは、コンセプトや商品をいかに他の追随を許さないレベルまで磨き上げられるか。マネジメントは仕組みづくり。経営者はそこに最も力を注ぐべき時なのかも知れません。

(望月)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【日刊アクトパスNEWS】第300号「信賞必罰」

日┃刊┃ア┃ク┃ト┃パ┃ス┃NEWS┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━━┛
有料メルマガ「日刊アクトパスNEWS」会員の皆様

今日は 2017年2月2日です。

◆信賞必罰
温浴施設の運営現場では日々いろいろな事件が起きます。

ただでさえ毎日やることがたくさんあるというのに、お客さまが浴室で倒れて救急車で運ばれたかと思えば、今度は設備が故障したり、大雪が降ったり。

何事もなくのんびりできる日など来ないのかと思います。

そんな現場の事件の中でも最も辛く切ないことは、社内で起きる裏切り行為や不正事件なのではないでしょうか。

これまで、幾度となく温浴施設の社長や支配人からそういった問題のご相談をいただきましたが、いつも考えるのは「信賞必罰」という言葉です。

なかなかよい人材が集まらず、人手も足りないなかで、問題を起こした人物が重要な役割を担うポジションだったりすると、さらに悩みは深刻です。

しかし、 良いことをしても評価されず、良くないことをしても罰せられないとなったら、人間は勝手気ままにやりたい放題となって、規律も秩序もメチャメチャになってしまうでしょう。

「今まで目をかけて来たのに」「この人がいなくなったら明日からの運営をどうすれば」そういったことは社長の私情に過ぎません。

大切なのは皆が納得できる処遇を常に行えるトップであるかどうかです。信賞必罰を適切に公平に行えば、集団の規律は保たれ、現場のモチベーションも上がります。

何の組織もそうですが、温浴施設の運営は多くの人の力なくしては成り立ちません。組織全体のことを考えれば、個々の処遇に私情をはさむ余地などないのです。

「ここで温情を見せれば間違いを犯した本人も意気に感じて今後は気持ちを入れ替えてくれるだろう」と思うこともあるのですが、経験的にその期待通りになる確率は残念ながらとても低いようです。

賞も罰も、そのさじ加減は実に難しく、賞罰を適切に行えることがトップの重要な資質であろうと思います。

(望月)


購読申し込み

購読料の決済はクレジットカードのみとなり、PAYPALの決済システムを利用しています。

「年契約」か「月契約」をご選択頂き、購読に利用するメールアドレスをご登録下さい。


年契約または月契約を下記からお選び下さい。
メールマガジンの配信先のメールアドレスをご記入下さい。
アドレスをお間違いないようにご登録下さい。



購読キャンセル

PAYPALアカウントにログインして、PAYPALの指示に従って下さい。

PAYPALのヘルプ

PAYPALへのログイン

法人クレジットカードのお薦め

本メールマガジンの決済には、メルマガを多くの方に読んで頂くために、請求の手間を減らして単価を抑えるための工夫として、クレジットカードを用いております。

法人カードを作りますと会社の口座からダイレクトに引き落としされ、立替の手間が不要になります。メルマガの購読用に法人カードを作られてはいかがでしょうか?

 

 

コンサルタント・浴場市場へのお問い合わせ番号 TEL 03-3524-2681 営業時間 10:00 - 18:00 (土・日・祝日・夏季・冬季休業を除く)

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.