株式会社アクトパス|温浴施設・温泉・サウナ事業の専門コンサルティング・プロデュース

温浴施設・温泉・サウナビジネスをトータルサポートするコンサルティング会社。アクトパスは温浴の普及と発展が社会の幸福につながると信じて、これからも温浴ビジネスの発展に尽くしてまいります。

「サウナイキタイ」の記事一覧

サウナマーケット分析

サウナマーケットの変化と新・サウナ開業塾

「新・サウナ開業塾」は、時流の変化に対応し、全17講座にボリュームアップ。知識やノウハウに加えて、その根底にある理由や考え方、歴史などを詳しく解説し、サウナ事業の成功に必要な情報を凝縮しています。これからサウナ開業を目指す方に効率よく学んでいただける講座です。
サウナヘブン草加

集客と進化のためのWEBクチコミ

サウナヘブン草加の驚異的なクチコミ獲得数の秘密を解明!独自のクチコミ促進キャンペーンと徹底的な工夫が、サウナファンのハートを鷲掴みに。高評価を維持するための取り組みとは?
スパサウナアワード

第1回スパ・サウナアワード

弊社のオンライン勉強会「アクトパス跳会議」で初めて「スパ・サウナアワード」を開催しました。このアワードは、単なる売上や利益ではなく、施設経営の「収益性」「教育性」「社会性」などをトータルに評価するものです。私たちは、企業活動そのものが社会にどれだけ貢献しているかを見ています。この記事では、最初のグランプリ受賞者となった「SPA&SAUNA オスパー」さんの特別な取り組みを紹介し、他の施設がどのように参考にできるかを探ります。
CMS

温浴施設WEB販促事情(2)

温浴施設の成功に欠かせないWEB販促戦略を探る─CMS運用の秘訣とは? サウナイキタイで人気の施設30軒の事例から見えてきた、トラフィックを飛躍的に増やす方法を大公開。今すぐ実践できるSEO対策と、集客アップに直結する販促のヒントをお届けします。
北海道ラーメン道場

近隣施設は競合か同志か

日本各地にある「ラーメン激戦区」や空港・駅のラーメンストリートのように、温浴施設も特定の地域に集まることで相互に集客力を高めることができます。特に横浜市鶴見区では、狭い範囲に複数の個性豊かな温浴施設が存在し、それぞれが競合ではなく同志として共存共栄しています。このような集積により、訪れる人々には多様な選択肢が提供され、施設側にも新たな集客チャンスが生まれるという好循環が生まれています。
カプセルホテル

温浴施設WEB販促事情(1)

宿泊を提供する温浴施設はWEBでの集客力が強く、特に観光要素が加わるとさらに伸びしろがあります。重要なのは、施設のホームページが集客の基盤であり、具体的な情報を豊富に載せることが拡散効果を高め、訪問者を引きつける鍵になります。
サウナイキタイ鈴木有さん講演

サウナイキタイの変化

サウナイキタイの新たな方向性として、「サ飯」「サ旅」「熱波・サウナイベント」の情報提供に注力することが明らかにされました。これらは現代のサウナユーザーが求める情報であり、今後のサウナマーケットを形作っていく重要な要素です。施設運営では、単にサウナの設備や温度設定だけではなく、飲食や宿泊、イベントなどトータルな体験の提供が求められるようになります。
温泉vsサウナ Googleトレンド比較

温泉vsサウナ(3)

温泉とサウナの比較シリーズ第3部では、温泉とサウナの共存と相互補完の重要性を強調します。かつては温泉が市場を優勢でしたが、最近ではサウナが市民権を得てきました。しかし、温泉の魅力が低下しているわけではなく、両者は温浴文化の異なる側面を表しています。このシリーズでは、コスト、集客力、市場動向を分析し、温泉とサウナがどのように温浴市場全体を活性化させているかを探求します。また、情報サイト「ニフティ温泉」と「サウナイキタイ」の比較を通して、市場の動向と消費者の関心の変化を示唆します。
ブレイク前夜

ブレイク前夜

先日、チバユウスケさんが亡くなりました。 チバさんは「ミッシェル・ガン・エレファント」のボーカリストとして日本のロック界に大きなインパクトを残したミュージシャンでした。 ザ・サウナの野田クラクションベベーさんの愛称は、このバンドの曲名に由来すると伝え聞いています。
温泉vsサウナ(Googleトレンド比較)

温泉vsサウナ(2)

温泉とサウナの集客力の比較を行い、イニシャルコスト、ランニングコスト、スペース効率においてサウナが優れていると考察しました。しかし、集客面での温泉とサウナの比較では、Googleトレンドによると、温泉の検索数が依然としてサウナを上回っています。しかし、情報サイト「サウナイキタイ」と「ニフティ温泉」の利用者数を比較すると、サウナの人気が急上昇していることが分かります。温泉とサウナ、それぞれの市場動向と情報サイトの利用が、温浴施設の集客にどのような影響を与えているのかを探ります。